MENU

ビーソフテンローションは皮膚科以外で手に入る?市販はされていないの?

子供の頃からの乾燥肌で、ひどい時にはただれたりすることもあります。そこまでひどくなると、皮膚科へ行きますが、処方される美容液の保湿力が物凄いです。
 「ビーソフテン」といって、血行促進、皮膚保湿剤、と書いてあります。これを使っていれば乾燥知らずなんですが、そんなに頻繁に皮膚科へ行くことは出来ないですよね。
ビーソフテンローションは医薬品なのでやはり皮膚科にいかないと入手できません。

 

そこで、普段使う美容液も色々と試してみました。中でも一番私の乾燥肌に合っていたのが、なめらか本舗の「大豆イソフラボン リンクルジェルクリーム」。
大豆イソフラボンのシリーズは、薬局やスーパーなどでよく目にするかと思います。このシリーズの中でも、オールインワンクリームの「リンクルジェルクリーム」は、大容量で1500円程度、保湿力もバツグンです。
これまで使った、お値段の張らない基礎化粧品の中で、このクリーム以上に乾燥しない物には未だ出会っていません。

 

乾燥肌の人には乾燥肌用の化粧水が保湿力が高くおすすめです

乾燥肌であり敏感肌なので、毎日のスキンケアは欠かせません。何もしない日が一日でもあると、肌がガサガサになり荒れてしまい、化粧すらもできなくなるので、どんなに疲れていても毎日必ず肌の保湿をします。いくら高い化粧品を揃えていてもお肌が乾燥してカサカサしていると勿体ないですよね。

 

私は、普通の化粧水や乳液だとなかなか肌に合わず、つらい思いをしたことがあるので、乾燥肌用のスキンケア商品じゃないと使えません。

 

ここ最近は、乾燥性敏感肌用のキュレルという化粧水と乳液を使っています。さらっとしていますが、肌につけると自分が乾燥肌だと忘れてしまうくらいプルプルのお肌になります。ベタベタにつけなくても少量でも効果があるので、持ちもよく出費も減りました。

 

この化粧水を使ってからは化粧のりもよく肌の調子が良いので、気持ちが良いです。肌は個人差があり人それぞれ合う合わないがあると思いますが、敏感肌で悩んでいる人は敏感肌用のスキンケア商品を色々と試してみるのをおすすめします。