MENU

ニキビと乾燥の混合肌の対処法。オールインワンゲルとクレンジングを見直してみました。

20代後半からひどいにきびと乾燥に悩まされていました。

 

もっともひどかったのは27の時で、そろそろ結婚にむけて恋愛活動を活性化(!?)したい時に、肌のせいで自信がもてず、うつうつとした日々を送っていました。

 

直接の原因になったのは、その頃の職場のストレスと、おそらく肌に構い過ぎたことではないかと思います。

 

敏感肌を意識しはじめてから、それはもう数多くの化粧品を試しまくっていました。
私の肌は敏感で乾燥するにもかかわらず、鼻の周辺はオイリーで、かつ口元、おでこににきびができやすく、唇も極端に乾きやすいというやっかいなものでした。

 

有名化粧品は、化粧品売り場のお姉さんに勧められるままに試しましたし、良さそうなCMを見ては手当たり次第に買っていたほどです。

 

朝晩の洗顔も高い化粧石鹸をつかい、保湿の高い化粧水、乳液、クリーム、アイクリーム、パックなど、それこそひと月の化粧品代は今の3倍はかかっていたかと思います。

 

しかし一向に改善の兆しがなく、最後らへんに使っていた最初に乳液を使うというメーカーで、物凄い悪化をし、いったんすべての化粧品から手を引きました。

 

しかし何も使わないというわけにもいかず、あるサイトで紹介されていた、納豆ローションに出会い、わらをもつかむ思いで使用してみました。
鈴木ハーブ研究所という、当時はあまり聞いたことのないようなメーカーでしたが、非常に刺激がなく、納豆のにおいもありませんが、私のひどい肌は、少しずつ改善していきました。

 

しかし年齢を重ねていくと、だんだん乾燥度が上がっていき、優しい納豆ローションはもたなくなってきました。

 

そして次に試したのが、通販のちらしに入っていた、メディプラスオーダーズのメディプラスゲルでした。

 

まるで美容液のようなとろみがあり、一度塗るだけで、乾燥はほぼ、おさえられました。

 

しかしまだにきびが時折顔を出し、私はクレンジングを見直すことにしました。

 

それまで使っていたのはオイルクレンジングで、その後洗顔料でダブル洗顔をしていました。しかし洗顔直後のツッパリ感がひどく、その頃また偶然にネットコマーシャルで知った、ランクアップの、マナラホットクレンジングゲルをためしてみたのです。

 

肌にのせた瞬間の、ポカポカする感じが心地よく、ダブル洗顔が不要なので、つっぱり感がなく、肌が乾燥しなくなりました。

 

おかげで今はあの悩んでいた頃がウソのように、快適な肌をキープしています。

 

しかしまだまだチャレンジは続け、お得なお試し商品があれば、今度はコスパを意識して冒険していきたいと思います。